探偵が調査結果を導き出すために必要

探偵に必要な技術は撮影技術に始まり、面談による聞き取り能力や、その場の空気感を読み取る能力などが必 要となります。言い出したらきりがないほど多くの能力や技術が必要となるのですが、著者である私は個人的 には器用なタイプの人物ではないと自覚があるため「無理せず自身の能力にみあった判断を心がけ」て現場で の調査を実施してきているのです。背伸びや身の丈に合わない言葉から無理が必要になる場面は「探偵が実施 する調査を幅を狭める」ことになってしまいます。どのような仕事であっても無理は禁物であり「判断ミスを 生じさせる原因」にもなりかねないと言えるのです。結果を得るために実施する調査ですから「多くの情報を 得る」ことが望ましいでしょうし「調査が可能か?出来る出来ないの判断」が自身で決められない探偵は自身 の調査力や経験値で対処可能な案件か?自信をもって業務を実施できない人物と判断できるのです。ご依頼者 が探偵に報酬を支払って得る「調査結果」の情報を導き出すためには「複数の調査手法が調査前に探偵の念頭 にあり」結果が得られるか?の判断がついていなければならないと言えるのです。

相談者や依頼者が調査実施前に欲する探偵の見立て

大きな問題を抱えて「一人では解決不可能な案件」と判断がついているご相談者が探偵へ問題解決のための相 談をして「どのような問題解決方法」が存在するか?相談する。通常、この相談時点で「相談者が必要とする 情報」を探偵が調査によって得るために「どのような手法の調査」を実施し、欲している結果が出るまでに「 何日程度の調査が必要」となるのか?が相談者には重要なポイントとなることでしょう。世間的には「調査に 要する日数や費用が相談者の想定の範囲でなければ探偵との調査委任契約は成り立たないのです。この流れか ら判断できることなのですが「探偵の調査に対する見立てが正確」ならば「相談者や依頼人は安心して調査を 依頼できる」ことでしょう。探偵に調査を依頼した過去の依頼人の多くは「現在のご自身が置かれた状況に調 査が必要」と判断して「探偵に調査の相談」をするのです。探偵の相談内容に対する見立てが正確であればあ るほど「的確な調査が実施できる見込みが上がる」と言えるのです。

探偵の調査が高額な理由

探偵の調査が高額な理由はシンプルに言えば「依頼の数」に関わると言えるでしょう。仮に他業種で物を販売 する商売で例えるならば数百円の品物を売って生計を立てなければならない場合「数多く商品を売る必要性」 が発生します。需要の絶対数が他の商売とは異なる探偵の業務で得る報酬は「依頼の絶対数と調査に必要な経 費のバランスから高額」となってしまうのです。探偵の報酬は世間に存在する出費で例えご説明するならば「 冠婚葬祭に必要とされる費用」に近いと考えらえれます。日常的に需要が無く「人生の岐路で必要となる」こ とからも似通った需要と考えられるのです。昨今の探偵業界は目先の依頼にとらわれ「破格な低料金で営業し ている探偵」の存在を目にします。長い目で見れば「探偵としての自身の首を絞める行為」と気付かないあさ はかな行為と言えるのです。探偵に限らず結婚・葬儀等で低価格を争うコマーシャルを目にする機会が増えま した。これらの業種も同様な図式が考えられ、目先の仕事を低価格で獲得するだけならば将来的には「何もノ ウハウが残らない業務の繰り返し」と言えるのです。このように付加価値の創造が出来ない業界は低迷すると はっきり言えるのです。